ホームへ

【血統コラム】アメリカ(北米)の歴代リーディングサイアー見てみよう

前回の【血統コラム】では、フランスの歴代リーディングサイアー見てみようということで過去10年分のフランスのリーディングサイアーについてみていきました。

 

今回のコラムでは、アメリカ(北米)の過去10年分の歴代リーディングサイアーを見ていきたいと思います。データを使った分析は続きのコラムでやるとして今回は、紹介のみになります。

 

引き続きこの【血統コラム】を読んで頂ければ、アメリカ(北米)で主流の血統が日本においてどのような結果を残せているかや馬券購入の際にも役立つ情報を提供できると思います。引き続き楽しみにして頂ければ嬉しいです。

 

 

2009年Giant’s Causeway(ジャイアンツコーズウェイ)

競争馬時代の成績

年月日 競馬場 レース名 人気 着順
1999/07/21 ナース 未勝利 1人気 1着
1999/08/29 カラ フューチュリティS GIII 1人気 1着
1999/09/18 ロンシャン サラマンドル賞 GI 1人気 1着
2000/04/09 カラ グラッドネスS GIII 1人気 1着
2000/05/06 ニューマーケット 英2000ギニー GI 1人気 2着
2000/05/27 カラ 愛2000ギニー GI 1人気 2着
2000/06/20 アスコット St.ジェームスパレスS GI 1人気 1着
2000/07/08 サンダウン エクリプスS GI 5人気 1着
2000/08/02 グッドウッド サセックスS GI 1人気 1着
2000/08/22 ヨーク 英国際S GI 1人気 1着
2000/09/09 レパーズタウン 愛チャンピオンS GI 1人気 1着
2000/09/23 アスコット クイーンエリザベスⅡS GI 1人気 2着
2000/11/04 チャーチルダウンズ ブリーダーズCクラシック GI 3人気 2着

 

Giant’s Causeway(ジャイアンツコーズウェイ)は、アメリカで生産され、アイルランドで調教された馬です。

 

現役時代は、13戦して9勝をあげた馬です。うち、GIは愛チャンピオンS含め6勝をあげました。全ての競争において馬券外となったことがなく連対すら外していないとんでもない馬です。

 

産駒は、世界を股にかける活躍を見せています。日本においても重賞馬4頭(※)を輩出している種牡馬ですが、2018年に残念ながら亡くなっています。

 

※アスターペガサス・エイシンアポロン・エーシンジーライン・スズカコーズウェイ

 

 

2010年Giant’s Causeway(ジャイアンツコーズウェイ)

 

2009年に引き続き2010年もGiant’s Causeway(ジャイアンツコーズウェイ)がアメリカ(北米)ではリーディングサイアーでした。

 

そのため、この馬の概要については割愛させて頂きます。2009年を参考にしてください。

 

 

2011年Distorted Humor(ディストーテッドヒューマー)

競争馬時代の成績

年月日 競馬場 レース名 人気 着順
1996/02/17 ガルフストリーム 未勝利 2人気 1着
1996/03/16 ガルフストリーム 一般競走 1人気 4着
1996/04/19 キーンランド 一般競走 3人気 1着
1996/05/25 アーリントンパーク シェリダンS GIII 1人気 7着
1996/06/20 チャーチルダウンズ 一般競走 1人気 1着
1996/08/07 サラトガ スクリーンキングS 3人気 1着
1996/08/24 サラトガ キングスビショップS GII 2人気 3着
1996/09/15 ベルモントパーク ジェロームH GII 2人気 2着
1996/10/19 キーンランド ファイエットS GII 3人気 2着
1996/11/30 アケダクト NYRAマイルH GI 5人気 5着
1997/06/04 チャーチルダウンズ 一般競走 1人気 2着
1997/06/21 チャーチルダウンズ 一般競走 1人気 2着
1997/07/26 モンマスパーク サルヴェーターマイルH GIII 1人気 1着
1997/08/23 モンマスパーク フィリップHアイズリンH GII 3人気 3着
1997/09/13 ターフウェーパーク ケンタッキーCクラシックH GIII 2人気 2着
1998/03/22 フェアグラウンズ ペレテリBCH 2人気 4着
1998/04/11 キーンランド コモンウェルスBCS GII 2人気 1着
1998/05/02 チャーチルダウンズ チャーチルダウンズH GII 1人気 1着
1998/05/25 ベルモントパーク メトロポリタンH GI 1人気 5着
1998/09/26 ベルモントパーク ヴォスバーグS GI 2人気 6着
1998/10/18 キーンランド フェニックスBCS 1人気 5着
1998/11/01 チャーチルダウンズ アクアクH GIII 2人気 1着
1998/11/28 アケダクト シガーマイルH GI 5人気 3着

 

Distorted Humor(ディストーテッドヒューマー)は、アメリカで生産された競争馬です。

 

現役時代は、23戦して8勝をあげた馬です。うち、GIは4戦していますが、勝ち鞍をあげることができなかった馬です。

 

引退の翌年、オーストラリア2シーズンの間だけ種牡馬となったが、競走馬となった93頭のうち74頭が勝ち上がるという脅威の数値を残しています。

 

日本においては、アイルハヴアナザーがDistorted Humor(ディストーテッドヒューマー)の血を引いており、祖父にあたります。

 

 

2012年Giant’s Causeway(ジャイアンツコーズウェイ)

 

2009年・2010年に引き続き2012年もGiant’s Causeway(ジャイアンツコーズウェイ)がアメリカ(北米)ではリーディングサイアーでした。

 

そのため、この馬の概要については割愛させて頂きます。2009年を参考にしてください。

 

 

 

2013年Kitten’s Joy(キトゥンズジョイ)

競争馬時代の成績

年月日 競馬場 レース名 人気 着順
2003/08/20 サラトガ 未勝利 6人気 5着
2003/09/24 ベルモントパーク 未勝利 1人気 2着
2003/10/09 ベルモントパーク 未勝利 1人気 1着
2003/11/16 チャーチルダウンズ 一般競走 2人気 1着
2004/01/01 カルダー トロピカルパークダービー GIII 2人気 1着
2004/02/21 ガルフストリーム パームビーチS GIII 1着
2004/04/30 チャーチルダウンズ アメリカンターフS GIII 1人気 1着
2004/06/12 チャーチルダウンズ ジェファーソンC GIII 1人気 2着
2004/07/10 コロニアルダウンズ ヴァージニアダービー GIII 2人気 1着
2004/08/14 アーリントンパーク セクレタリアトS GI 1人気 1着
2004/10/02 ベルモントパーク ターフクラシック招待S GI 2人気 1着
2004/10/30 ローンスターパーク ブリーダーズCターフ GI 1人気 2着
2005/07/04 チャーチルダウンズ ファイアークラッカーBCH GII 1人気 1着
2005/08/13 アーリントンパーク アーリントンミリオン GI 1人気 2着

 

Kitten’s Joy(キトゥンズジョイ)は、アメリカで生産された競争馬です。

 

現役時代は、14戦して9勝をあげた馬です。うち、GIはセクレタリアトSを含め2勝をあげています。

 

2004年にエクリプス賞を受賞しています。エクリプス賞は、日本でいう年度代表馬のようなもので、投票によって選出されます。

 

Kitten’s Joy(キトゥンズジョイ)産駒は、日本でいえばダッシングブレイズやジャンダルムが重賞を制しており有名どころではないでしょうか。

 

Kitten’s Joy(キトゥンズジョイ)は、デビューして2戦はダートでした。成績が見ての通り5着と2着です。しかし以降は芝競争に路線変更をし12戦して1度も連帯を外していません。産駒も芝の重賞馬を出しており、アメリカ(北米)血統だからといってダートと決めるのは早計で、産駒は芝レースのほうが良い成績を残しています。

 

 

2014年Tapit(タピット)

競争馬時代の成績

年月日 競馬場 レース名 人気 着順
2003/10/19 デラウェアパーク 未勝利 2人気 1着
2003/11/15 ローレル ローレルフューチュリティ GIII 1人気 1着
2004/03/13 ガルフストリーム フロリダダービー GI 4人気 6着
2004/04/10 アケダクト ウッドメモリアルS GI 4人気 1着
2004/05/01 チャーチルダウンズ ケンタッキーダービー GI 3人気 9着
2004/09/06 フィラデルフィア ペンシルヴァニアダービー GII 1人気 9着

 

Tapit(タピット)は、アメリカで生産された競争馬です。

 

現役時代は、6戦して3勝をあげた馬です。うち、GIはウッドメモリアルSのみを制しています。

 

アメリカクラシック三冠の有力馬と見られていましたが、病気により前哨戦しか勝つことができませんでした。

 

日本においては、テスタマッタ・ラニ・ラビットランがこの産駒としては有名ではないでしょうか。テスタマッタは、2012年フェブラリーSの勝ち馬です。

 

 

2015年Tapit(タピット)

 

2014年に引き続き2015年もTapit(タピット)がアメリカ(北米)ではリーディングサイアーでした。

 

そのため、この馬の概要については割愛させて頂きます。2014年を参考にしてください。

 

 

2016年Tapit(タピット)

 

2014年・2015年に引き続き2016年もTapit(タピット)がアメリカ(北米)ではリーディングサイアーでした。

 

そのため、この馬の概要については割愛させて頂きます。2014年を参考にしてください。

 

 

2017年Unbridled’s Song(アンブライドルズソング)

競争馬時代の成績

年月日 競馬場 レース名 人気 着順
1995/08/26 サラトガ 未勝利 1人気 1着
1995/10/07 ベルモントパーク シャンペンS GI 3人気 4着
1995/10/28 ベルモントパーク ブリーダーズCジュヴェナイル GI 2人気 1着
1996/02/04 ガルフストリーム ハッチスンS GII 1人気 2着
1996/02/24 ガルフストリーム ファウンテンオブユースS GII 1人気 2着
1996/03/16 ガルフストリーム フロリダダービー GI 2人気 1着
1996/04/13 アケダクト ウッドメモリアルS GII 2人気 1着
1996/05/04 チャーチルダウンズ ケンタッキーダービー GI 1人気 5着
1996/05/25 ベルモントパーク ピーターパンS GII 1人気 2着
1996/07/13 アーリントンパーク サイテーションチャレンジ   2人気 9着
1996/11/30 アケダクト 一般競走   1人気 2着
1997/01/19 ガルフストリーム オリンピックH   1人気 1着

 

Unbridled’s Song(アンブライドルズソング)は、アメリカで生産された競争馬です。

 

現役時代は、12戦して5勝をあげた馬です。うち、GIはブリーダーズCジュヴェナイル・フロリダダービーの2勝をあげています。

 

日本においてもかなり産駒が走っていました。勝ち馬もかなり出ていますが、重賞を制した産駒はいません。

 

2013年に急性の神経症状が発症し、手の施しようがない状態であったため安楽死の措置が取られています。

 

 

2018年Kitten’s Joy(キトゥンズジョイ)

 

2013年に引き続き2018年もKitten’s Joy(キトゥンズジョイ)がアメリカ(北米)ではリーディングサイアーでした。

 

そのため、この馬の概要については割愛させて頂きます。2013年を参考にしてください。

 

 

2019年Into Mischief(イントゥミスチーフ)

競争馬時代の成績

年月日 競馬場 レース名 人気 着順
2007/10/21 サンタアニタ 未勝利 2人気 1着
2007/11/22 ハリウッドパーク ハリウッドプレヴューS GIII 1人気 2着
2007/12/22 ハリウッドパーク キャッシュコールフューチュリティ GI 6人気 1着
2008/02/10 サンタアニタ サンヴィセンテS GII 1人気 2着
2008/10/25 サンタアニタ ダマスカスS 2人気 1着
2008/12/26 サンタアニタ マリブS GI 1人気 2着

 

Into Mischief(イントゥミスチーフ)は、アメリカで生産された競走馬です。

 

現役時代は、6戦して3勝をあげた馬です。うち、GIはキャッシュコールフューチュリティを制しています。

 

故障により種牡馬入りが早く、自身の競争成績は乏しいものの見栄えの良い馬体が高評価を得た馬です。

 

日本にも少なからずInto Mischief(イントゥミスチーフ)の産駒が入ってきていますが、主にダート路線で勝ち鞍をあげており勝ち上がり率もかなり高めです。

 

 

まとめ

アメリカ(北米)での歴代リーディングサイアーを紹介という形で2009年~2019年までにリーディングサイアーをとった種牡馬を見ていきました。

 

ヨーロッパに比べれば、アメリカ(北米)のほうが馴染みのなかった種牡馬の名前もあったのではないでしょうか。ただ、日本にもアメリカでの主流な血統が入ってきているのも事実なので少しでも血統の特徴を捉え馬券購入に生かすようにしていきましょう。

 

アメリカ(北米)の血統は、詳しくない人からしたら一括りにダートに強い血統というイメージが強いでしょう。しかし、Kitten’s Joy(キトゥンズジョイ)のように芝のほうが適性がある馬も少なからずいるので今後血統コラムでゆっくり見ていくことにしましょう。

 

ということで今回は紹介だけといった形でしたが、日本において北米の血統はどうなのかといった血統コラムも配信していくので引き続きご覧いただけたらと思います。

 

それでは、血統コラムでまたお会いしましょう。

うまめも娘について

うまめも娘

ツイッターで情報を配信しているよ♪それ以外にも競馬のことをたくさんつぶやくからフォローしてください♪( ´▽`)

Twitter