ホームへ

【ダノンスマッシュ】坂路調教

(調教20200307)ダノンスマッシュ

出走予定のレース

2020年3月7日中山11RオーシャンS【芝1200m(GIII)】に出走予定です。

 

 

調教師

安田 隆行(栗東)

 

 

前走評価

前走は、香港スプリント芝1200mに出走しました。1着ビートザクロックとは、0.4差の8着でした。

 

スタートで跳び上がって出遅れてしまい、ポジションが後ろになってしまいました。終始リズムを欠いた競馬で、最後の直線は伸びきれず8着でした。

 

初の海外ということもあって、ゲートも悪く自分の競馬ができませんでした。本来の力を全く発揮できなかったので、このレースは度外視でいいでしょう。日本でのスプリントでは無類の強さを発揮しているので、いつも通りの競馬を期待します。

 

 

レースまでの坂路調教データ

3/4(水) AM7:04(栗東坂路)

4F 3F 2F 1F
49.8 35.9 23.3 11.9

強め

 

 

2/26(水) AM7:25(栗東坂路)

4F 3F 2F 1F
49.6 36.7 24.0 12.2

一杯

 

 

2/23(日) AM7:27(栗東坂路)

4F 3F 2F 1F
57.2 41.9 27.2 13.0

馬なり

 

 

2/19(水) AM7:04(栗東坂路)

4F 3F 2F 1F
51.4 37.1 23.8 11.9

一杯

 

 

2/16(日) AM7:31(栗東坂路)

4F 3F 2F 1F
56.0 40.9 26.3 12.8

馬なり

 

 

2/12(水) AM9:43(栗東坂路)

4F 3F 2F 1F
54.3 40.4 26.4 12.9

馬なり

 

 

レース出走前30日以内に14本の坂路調教を行っていますが、時計の出ているもののみを抜粋してあげています。

 

3月4日と2月26日に行われた坂路調教でかなり速い時計が出ていますね。見据える本番はまだ先ですが、十分に仕上がっているようです。

 

 

考察

ダノンスマッシュは、レースセンスが高く展開に左右されにくい強さがあり、負担斤量も56キロと背負い慣れているものよりも軽く、良いパフォーマンスを発揮してくれそうです。

 

最大のライバルである、タワーオブロンドンは調教の動きも重く、太目残りのようです。それに、この馬より2キロも斤量に恵まれているので、ここでは恥ずかしい競馬はできません。

 

上位3頭が抜けている印象なので、信頼の置けるダノンスマッシュから流したいと思います。

 

【買い目】

単勝


2(5000円)

 

馬連


2 → 1・10(2点)

 

2 → 1へは、3000円。2 → 10へは2000円で流したいと思います。単勝(5000円)と馬連(計5000円)でこのレースは勝負したいと思います。

 

 

つばき去年は短距離界の主役だったんだから、良いところ見せてよねっ!!!

今年こそGⅠのタイトルを手にするために、ここで弾みをつけなくちゃ。

 

1着で颯爽とゴール板を駆け抜けることを信じているよ。がんばれ、ダノンスマッシュ君(^ ^)

 

結果

うまめも娘について

うまめも娘

ツイッターで情報を配信しているよ♪それ以外にも競馬のことをたくさんつぶやくからフォローしてください♪( ´▽`)

Twitter